So-net無料ブログ作成
検索選択

手足口病 警報レベル 35都府県で [医療]

手足口病 警報レベル 35都府県で


手足や口の中に水疱すいほうが出る手足口病の流行が続いている。国立感染症研究所(東京)が27日に発表した集計では、7月19日現在、全国で35都府県が警報レベルに達しており、大流行した2011年や13年並みの勢いだ。

感染研は「今年は重症化しにくいタイプのウイルス感染例が多いが、予防に努めて」と呼びかけている。



スポンサーズ リンク







全国約3000の医療機関からの患者報告数を集計した調査で、第29週(7月13~19日)の1医療機関あたりの患者数が全国平均で10・16人と前週(7・39人)に比べて1・4倍に増えた。35都府県で警報レベルとされる5人を超えている。

都道府県別では、福井(23・32人)が最多で、埼玉(20・53人)、栃木(17・88人)、京都(17・81人)と続く。奈良(16・35人)や大阪(12・69人)も全国平均を上回る。福井県の報告数は過去10年で最多だ。

感染研によると、これまでに検出されたウイルスの半数超は、重症化しにくい型だという。

患者の多くは5歳以下の小児で、飛まつや排せつ物などを通じて感染が広がる。厚生労働省は手洗いの徹底などの対策を呼びかけている。引用:読売新聞



スポンサーズ リンク






手足口病は手や足、口の中に発疹が出来る。
しかし今はこの酷暑であり、「あせも」と間違える場合も多い。
手足口病だからと言って、必ずしも手足に発疹が出るとも限らない。

まず、手のひらや足の裏にも発疹が出たら、手足口病と考えてもいい。
なぜなら、「あせも」は手のひらや足の裏には出ないからだ。

一番辛いのが口の中の発疹である。
口内炎が1つ出来たのとは訳が違い、口腔内に沢山の発疹が出来るので
食事するにも普通にしていても口の中が痛く、食事もしみる。

食事はしみて食べられないのを避けるために、辛い物や刺激物を避ける。
食欲もなく、少ししか食べられないときは、その少しで栄養が摂れるようにするといい。
例えば、五目チャーハンなど、いろいろな食材が少量でも取れることがベストである。
あとは、ぬるま湯でいいのでよく口をゆすぎ、口腔内の清潔を保つ。
口の中のぶつぶつの痛みで水分の摂取が不足することがあるので、
脱水症状に気を付けつけ、小まめに水分補給が必要です。

まれに髄膜炎や脳炎など合併症を起こすことがあり、
元気がないなど様子がおかしければすぐに医療機関へ。

手足口病が治っても、なった人の便からは1か月はウイルスが排出される。
なので治ってもトイレ後の手洗いは十分に行う。

手足口病は子供だけでなく、大人もかかる。
もう、辛くて寝込むほど、大人がかかると
子供以上に症状が重いので大人も十分注意が必要です。

また、ヘルパンギーナも流行っている。
手足口病と同じエンテロウイルス系の感染症で、5歳以下の乳幼児に多くみられる。
熱は出たり、出なかったりする。
他にもプール熱やリンゴ病も流行っている。

冬に限らず、夏もウイルスに感染しないようにうがい、手洗いは十分に。



スポンサーズ リンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。