So-net無料ブログ作成
検索選択

浅田真央の父逮捕! [ニュース]

浅田真央の父逮捕!


現役続行を表明した浅田真央(24)と、現在はタレント活動を中心とする姉の浅田舞(27)。そんな姉妹の父親・浅田敏治氏(56)が暴行容疑で逮捕されていたと、7月30日発売の『週刊新潮』(新潮社)が伝えている。



スポンサーズ リンク






一家の母親・浅田匡子さん(享年48)は、真央がカナダでのGPファイナルを控えていた2011年12月に肝硬変のため死去。真央はファイナルを欠場して帰国したものの、死に際に間に合わなかった。だが次の全日本選手権では見事優勝。悲劇のエピソードとしてよく知られた話だ。
若い頃は"ナンバーワンホスト"だった真央パパ
2014年2月のソチオリンピック終了後、真央は引退と現役続行の可能性について「ハーフ、ハーフ」と答え、約1年間の休養へ。日本中が待ち望むなか、今年5月18日に現役続行を表明した。

しかし『週刊新潮』によると、真央が復帰宣言した直後の5月23日、父・敏治氏が逮捕されていた。前日の22日、敏治氏は交際相手の50代女性に対して暴力を振るったため、身の危険を感じた女性が警察に通報。女性は病院に緊急搬送され、敏治氏が逮捕されたという。

若い頃は大阪のホストクラブでナンバー1だったという敏治氏は、30歳前に独立して複数の店舗を経営。1997年には、経営していたランジェリーパブをめぐって公然わいせつ容疑での逮捕歴もあるという。浅田姉妹の母である匡子さんとも「ホストと客」として出会って“できちゃった婚”。そうして生まれたのが姉の舞で、2年後に真央が誕生している。

敏治氏は同誌の取材に対し「娘とは一切関係ない」と応えているが、舞や真央の父親である以上、やはり影響があるのではないだろうか。 引用:デイリーニュースオンライン



スポンサーズ リンク






結論から言うと、真央ちゃんも舞ちゃんももう成人しており、自身で生活をしているのだから
関係ないと思う。

お父さんの仕事の経歴は以前から知っていた。
ホストクラブ経営者だからと言ってヒソヒソ言う人もいたが、だから何が悪いんだと思っていた。
何も、法に触れていたわけではないし、
ホストから数件の人気ホストクラブの経営者になるなんて、すごい成功者じゃない?

それだけの財力がなければ、リンクを貸切り練習したり、コーチ代や衣装代など
すごくお金のかかるスケートを娘2人に続けさせることは困難。
そして真央ちゃんも舞ちゃんも成功している。
もちろん環境を整えたのは親だが、後は本人の努力だが。

父親は「歯は大事だ」と子供の頃から歯並びなど歯の健康管理にも力を入れていた。
海外では、歯並びの悪い人は評価が下がる。
八重歯も悪評化である。
アジア人を見て歯並びが悪い人だったら日本人だとアメリカ人は認識しているほど
日本人の歯に対する、歯並びに対する意識は低いのだ。

逮捕の原因もいわゆる交際相手とのトラブルであり、
そういうことは父親と相手の両方の言い分をちゃんと聞かなければなんとも言えないこと。
それは、普通の恋人同士や夫婦でも言えることだし。

真央ちゃんは復帰を決めてがんばっているので、
メディアは真央ちゃんを潰すような行動や報道はよく考えて欲しい。

本当に父親だけの問題であり、娘2人はかかわっていないのだから。



スポンサーズ リンク





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。