So-net無料ブログ作成
検索選択

安倍総理 暴走中! [政治]

安倍総理 暴走中!


2回目の安倍政権の今。
私はアベノミクスという言葉が出て使われるようになってから、騙されてる感がいなめなかった。
そう、ストーカーという言葉があまり嫌悪感を持つ響きではないため罪の意識も薄くなる感じ・・



スポンサーズ リンク






アベノミクスが始まって景気は回復やっとしたというが1部の大企業だけ。
その間に増税や、医療では初診料も値上げになっていて、国民が知らないところで
いろいろと値上げしている。
ずっと騙されてる、騙されてると思って生活してきた。

今の安保理の、もしかしたら安倍政権末期の悪あがきか?

安倍首相は若い時から持病がある、その難病は治らない難病指定されている。

「潰瘍性大腸炎」

粘液状の血便が出る病気。症状をコントロールするには薬とストレスのない生活が必須。
前政権時には病状の悪化で退任したから、まさかまた総理になるとは思わなかった。

今回の政権では昨年あたりから迷走から暴走に変わっている。

国会でのヤジや暴言は、今までの安倍首相にはみられない言動だった。
それに今回はイスラム国の拉致問題などでストレスが溜まるはずなのに
見た目の状態は変わらなく見える・・何かおかしい・・

ハッ! わかった!



スポンサーズ リンク






いろいろな政策の打ち出しには、バックがいるんだろう。
森元首相とか・・森元首相とか・・森元首相とか・・しつこいですね(笑)
政策に関しては指示しているバックがいるということで。

だが、私が言いたいのは体調です。

総理の病気は「潰瘍性大腸炎」。
治療に使うのは副腎ホルモンステロイドで、症状にあわせてその薬の増減がはかられる。
とても難しいサジ加減が必要な薬物治療。
病気の根治は無理なので、対症療法になる。
場合によっては腸の部分切除術も必要となる。

今政権も、かなりのストレスなはず。
でも体調は維持している。
そうです、副腎ホルモンステロイドを大量投与しているのです。
なので顔も痩せないのではなくて、副作用の満月様顔貌(ムーンフェイス)によるものと
食欲増進による体重増加で、ふっくらしているのだろう。

そして、もっと重要な副作用が精神症状。
中には鬱っぽくなる人もいるが、多く見てきた患者さんの中にもよくみられるのが
気分の高揚と多幸感。
そう、気が大きくなってしまうのだ。

だから安倍さん自身、総理でなくてもヤジを飛ばすような人では今までの政治をみていても
なかったのに、でたー!ヤジー!暴言!
これはかなり気分が高揚しているな。負ける気がしないっていうところでしょうか。

イスラム国の拉致の時には選挙とも重なったためかなりのストレスで
ステロイドを増量したと聞いている。

そして昨年末までの担当医師が「潰瘍性大腸炎」の権威の医師だったのに、
今年から「大腸がん」の専門医に変わっている。

潰瘍性大腸炎は大腸がんになりやすいのだ。

ということは・・ふむふむ。(わかりますよね)

(上記は私が職務中に知りえたことでも、医療関係仲間から聞いた話ではなく
ネットで当時から仕入れていたことで、強いて言えば情報源は政府関係者がぺらったことです)
※ぺらる=ペロッとしゃべってしまったこと

上手く、しつこくググればたどり着きますよ。ただかなり時間は経っている情報です。

安保理だっておかしいし、8月の戦後70年談話も正直、何を話しちゃうんだろうと
心配しています。

でも野党もしっかりしてないから、日本は一体どうなっちゃうのか心配です。
私たち国民の声なんて聴かずに独断政治ですから・・



スポンサーズ リンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。