So-net無料ブログ作成

鉄腕DASH 無農薬農薬の作り方 [日記]


DASH村で今から15年前に、師匠である三瓶昭雄さんから伝授された
「農薬であって、農薬でない」
つまり人工的な化学成分を含まない、人体にも環境にも無害で飲んでも安心な無農薬農薬の作り方を、載せたいと思います。

野菜(野菜の葉)を害虫から守るために大活躍してくれる無農薬農薬は作り方も簡単です。



スポンサーズ リンク






【用意する物品】
・包丁
・まな板
・すり鉢
・すりこぎ棒
・大鍋(お湯8リットルは十分入る容量のものが便利)
・おたま
・ボール(バケツでも可)
・ザル
・さらし布(手ぬぐいで代用可)
・空のペットボトル(1リットル以上のものが便利)
・霧吹き(100円ショップで売っているもので充分)

【用意する材料】
・とうがらし・・10本
・にんにく・・3個
・ニラ・・100g
・よもぎ・・ひとつかみ
・しょうが・・3個
・コーヒー殻・・ひとつかみ
・茶殻・・急須2杯分
・酢・・500cc
・牛乳・・500cc
・焼酎・・1リットル

【作り方】
①とうがらし、にんにく、にら、よもぎ、しょうが を、すり潰しやすいように細かく切っておく。
②細かく切った、とうがらし、にんにく、にらをすり鉢に入れ、よくすりつぶす。
③そこによもぎ、しょうが、コーヒー殻、茶殻を加えて、さらにすりつぶす。
④大鍋に6リットルのお湯を煮立て、そこにそれにすりつぶしたものをすべて入れて30分煮る。
⑤よく煮立ったら、そこに酢、牛乳、焼酎を加えて、さらに煮る。
⑥煮立ったら、おたまで上澄みを取り除き(捨ててOK)、ボールの上にザルをセットしその上に
 さらし布(手ぬぐい)をひき、布でこす。(こして出たこし殻は捨ててOK)
⑦よく冷めたら完成。
⑧使う分を霧吹きに入れ、散布する。(残った分は空のペットボトルで保管すると便利)

そんなに大量に作れないという方は、材料を半量にして作成可能です。



スポンサーズ リンク






作るにあたり、注意点は、とにかく臭いこと。
家の台所でも作れますが、気になる方は室外でカセットコンロでの作成をおすすめします。
無害な自然食品しか使っていないので、使用した調理器具は普通に料理にも使えます。

なぜ、この材料で効果があるかというと

・よもぎ(タンニン、クロロゲン酸などの抗菌成分を含有)
・しょうが(ジンセノール、ジテルペノイドなどの抗菌成分を含有)
・とうがらし(カプサイシン、サポニンなどの抗菌成分を含有)
・コーヒー殻(タンニンなどの抗菌成分を含有)
・酢(殺菌能力のある有機酸成分を含有)
・にんにく(すりおろした時にアリシンという成分に抗菌作用)
・ニラ(害虫駆除に効果のある、硫黄化合物を含有)
・茶殻(カフェインなどの抗菌成分を含有)
・焼酎(材料から成分」を溶け出しやすくする)
・牛乳(アブラムシ退治に有効)

だそうです。

実際に家庭菜園で使いましたが、噴霧すると虫がポロポロ落ちて退散していきました。
ただ、本当に匂いがきついのでマスクをして噴霧したほうがムセません。

ハーブを育てている方は、アブラムムシが付きやすいですが、牛乳を噴霧するだけでも効果が
あります。
噴霧後に牛乳の白さが葉に残りますが、拭き取れます。

参考になれば幸いです。



スポンサーズ リンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。