So-net無料ブログ作成
検索選択

脱法ドラッグ使用か?池袋で車が歩道に突っ込む [事故]

脱法ドラッグ使用か?池袋で車が歩道に突っ込む


東京・池袋の繁華街歩道に乗用車突っ込む 6人けが、2人重体

 16日午後9時35分ごろ、東京都豊島東池袋の歩道に乗用車が突っ込んだ。東京消防庁などによると、この事故で少なくとも6人がけがを負い、うち2人は重体という。警視庁池袋署が事故原因を調べている。

 現場はJR池袋駅東口に近い繁華街。 引用:産経新聞



スポンサーズ リンク






運転していた加害者は奇声を発しているそうだ。
飲酒運転であれば、奇声を発するということは聞いたことがない。
やはり、今までの事故の事例から考えてもドラックの可能性が強いのは確かだ。

また、現場は以前にも同様の事故が起きている。
なぜか?
池袋は脱法ドラックが手に入りやすいからだ。
販売している店が摘発されていても、覚せい剤のように路上での販売もある。
売人から見れば、どの人物がドラックを求めているのかすぐにわかるそうだ。



スポンサーズ リンク






一時はドラック中毒による精神科救急の搬送と保護監視が多かったが、
警察の取り締まりが強化されたと共に減少してきたのに・・



覚せい剤もいけないが、脱法ドラックの方が、どんどん新しく作られ
それによる脳を始めとする、精神や身体に対する毒性は医療が追い付かないほどタチが悪いのが
現在の特徴だ。

事故の詳細は今後わかってくると思うが、
今は被害に遇われた方々の怪我の早期回復と後遺症が残らないことを願います。



スポンサーズ リンク







スポンサーズ リンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。