So-net無料ブログ作成
検索選択

村上春樹新書 ネット販売に対抗

9月10日発売に村上春樹氏の新著「職業としての小説家」(スイッチ・パブリッシング刊)が
販売される。

しかし、昨今の書籍のインターネット販売に対抗し初版10万冊のうち9万冊を紀伊国屋書店が買い取り、自社店舗と取次店を介して販売すると発表しました。

街の「書店」の活性化を目指す取り組みを行うそうだ。 



スポンサーズ リンク






今や書籍の購入をアマゾン楽天などで済ます人が多い。
そのような風潮を打破する目的で普段はライバル同士である、紀伊国屋書店・ジュンク堂書店・
文教堂がタッグを組むそうだ。

そしてこれをきっかけに紀伊国屋書店とジュンク堂書店を持つ丸善、
文教堂を傘下にもつ大日本印刷が折半出資で合弁会社を設立し、
・ネット書店のシステム共同運営
ポイントサービスの統合
・仕入れ・物流システムの共有化
などを検討していくそうだ。

この実現により「リアル本屋」と「ネット本屋」の一大ハイブリッド書店が誕生することになる。
設立される合弁会社は「出版流通イノベーションジャパン」である。

アマゾンなどのネット販売に押されて、

・出版販売金額の低迷(1996年2.6兆円→2014年1.6兆円)
・書店の減少(1999年2万2300店→2013年1万4000店)
・返本率40%の異常事態

が「リアル本屋」業界には起きていた。

この合弁会社は出版流通市場活性化のための調査・研究、新規ビジネスの立案を行う企画会社で、各親会社に施策提言を行う。
資本金の1億円は両社の折半出資で、代表取締役には紀伊國屋書店から高井昌史社長、
大日本印刷から北島元治常務が就任する。
新会社社長には高井社長が就く。

具体的な事業のサービスインは早ければ年内から順次始める意向でメンバーは両社から募るそうだ。



スポンサーズ リンク






実際に私もアマゾンで本は買うことはある。
アマゾンのサイトには評価欄があり、参考にもなるのだが、
やはりそれは個々の評価であり、読みはするが私自身は「リアル本屋」で実物を手にして
買う方だ。

ただ「リアル本屋」にはアマゾンほどの書籍数を扱ってはいないため、
特に購入を決めてある専門書などを買うこともあるし、また本によっては割引もあるので
その点ではアマゾンが便利なことも否めない。

また、アマゾンでは書籍以外にもなんでも扱っているので、そのついで買いもできてしまう
便利さもある。

しかし、私は神戸連続児童殺傷事件の被疑者だった元少年Aの手記 『絶歌』の出版や販売には
大反対だったので、出版が決まった時点で販売も予約もしないと統一していた啓文堂書店に敬意を表して、ネットで本を買うときは送料がかかるが啓文堂書店を利用している。

ぶっちゃけ、今回、村上春樹氏がこの販売方法に乗らなければもっと販売部数が増えるであることは予想できる。
しかし、やはりそこは「売れればなんでもあり」という考えではないのだ。

有名大書店の紀伊国屋書店は店舗内に劇場も持っているので、舞台好きなら行ったことはあるし、
サイン会などのイベントも頻繁に行っている。
もちろん、ネット販売もしており、今回の村上春樹氏の新著「職業としての小説家」
(スイッチ・パブリッシング刊)もネット購入ができる。

また、今回の「リアル本屋」復活のための合同会社には、本や雑誌の印刷を大部分で扱っている
大日本印刷も絡んでいるのが強みでもあると思う。

実際に色々な本が並んでいる中で、実際に手に取り、中を見て買うのが好きだ。

「リアル」がいい時もあれば、「ネット」がいい時もある。
それは個人の価値観ではあるが、ネットがない時代も楽しかった世代としては
生まれたらすでにネットがあった世代にも、いろいろな意味で「リアル」の楽しさを知ってほしい
と思う。

「リアル」の楽しさを知った上での、ネットの利用は情報の取捨選択ができるというのが
私の持論でもある。
看護師なんて「超リアル」な世界だからね・・



スポンサーズ リンク






コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。