So-net無料ブログ作成
検索選択

安保理 安倍総理駄々っ子作戦開催中 [政治]

安保理 安倍総理駄々っ子作戦


7月30日 安倍総理と野党の安保理法案に対する質疑応答の抜粋は以下



スポンサーズ リンク






野党:他国の戦争に巻き込まれるのか?
安倍総理:戦争に巻き込まれるということは絶対にないということは断言したい

野党:徴兵制になるのか?
安倍総理:徴兵制が敷かれることは断じてないと明快に申し上げておきたい。

野党:専守防衛でなはなくなるのか?
安倍総理:専守防衛の定義、それが防衛の基本であることにいささかの変更もない

全く説明になっていないし、断言できる根拠を全く言っていない。



スポンサーズ リンク






お菓子やおもちゃが欲しい子供が床に寝て、
「買って~、買って~」と自分の欲求を満たすためにダダをこねている姿とまるで同じではないか。
ただ違うのは、子供の場合は、駄目よとおしりペン!して連れ帰れること。

安倍総理にはその手が使えない。

米国に助けを求められても断れるのか?
自衛官のなり手が減っても憲法解釈を変えないのか?
(日本自体が災害大国であり、自国の災害時での自衛隊の活躍は必要不可欠な状態でしょ。)
日本が攻撃されていなくても、集団的自衛権で他国に武力行使できるのでは?

これが野党及び、国民の懸念するところであるが、なんにも説明ができていない。

そして「絶対」「断じて」「いささかも」の連発。

世の中、「絶対」は通用しないし
「絶対に大丈夫」なんてどの職場や生活環境でも信用のない言葉である。

例えて言うなら結婚する際に「絶対に君を幸せにする」とか
神の前で「健やかなるときも病めるときも・・」と誓っても、なんだこの離婚率は。

病院でだって、蓄膿症の手術目的の50代の男性が、まだ手術前の何にもしていない状態で
たまたま入院目的ではない心臓発作で亡くなるとか、突然の急変や死亡が本当にあるから。
絶対に大丈夫ですよなんていえないです。
まして、今は入院患者も高齢化して、たまたま病院で老衰で死亡もあるから。

そう、「絶対」なんて信用も保障もない言葉である。

ただ、その場のお願いでは、その場しのぎで使われるが、
使う人がどれだけ危機管理ができてないかがわかってしまう言葉でもある。

今の安倍総理は説明はできないけど、どうしても安保理法案は通したいという
駄々っ子状態である。

国民の意見なんて元々、聞く耳もってないし、程度の低い独裁政権である。
それは自民党の議員の中からも、安倍総理にはついていけないと言い出す議員がいるのだから
証明されている。
党内の意見も聞いてもいないのだろう。

だから、テレビ出演したくても、どのテレビ局からも(フジテレビは除く)呼ばれず
You Tube に出るしかないんですよ。
でもそんな(安倍首相の)You Tubeはだれも選択して観ませんから~残念!バッサリ!

とにかく安倍総理の暴走と駄々っ子作戦の安保理法案は全く筋が通ってないので
万が一、通ってしまっても待っているのは、
政治家の得意芸の「なったらこっちのもの、法案成立したらこっちのもの」の手のひら返し。

文句を言うだけなら誰でもできる。
だからと言って法案をくつがえす力は国民の1人1人にはないが、草の根運動からなら
誰にでもできるだろう。

まずは行動を起こさないと何事も事態はかわらない。

当ブログの「安倍総理 暴走中!」も是非読んでいただきたい。
暴走している理由を書いてあります。



スポンサーズ リンク



安倍総理 暴走中! [政治]

安倍総理 暴走中!


2回目の安倍政権の今。
私はアベノミクスという言葉が出て使われるようになってから、騙されてる感がいなめなかった。
そう、ストーカーという言葉があまり嫌悪感を持つ響きではないため罪の意識も薄くなる感じ・・



スポンサーズ リンク






アベノミクスが始まって景気は回復やっとしたというが1部の大企業だけ。
その間に増税や、医療では初診料も値上げになっていて、国民が知らないところで
いろいろと値上げしている。
ずっと騙されてる、騙されてると思って生活してきた。

今の安保理の、もしかしたら安倍政権末期の悪あがきか?

安倍首相は若い時から持病がある、その難病は治らない難病指定されている。

「潰瘍性大腸炎」

粘液状の血便が出る病気。症状をコントロールするには薬とストレスのない生活が必須。
前政権時には病状の悪化で退任したから、まさかまた総理になるとは思わなかった。

今回の政権では昨年あたりから迷走から暴走に変わっている。

国会でのヤジや暴言は、今までの安倍首相にはみられない言動だった。
それに今回はイスラム国の拉致問題などでストレスが溜まるはずなのに
見た目の状態は変わらなく見える・・何かおかしい・・

ハッ! わかった!



スポンサーズ リンク






いろいろな政策の打ち出しには、バックがいるんだろう。
森元首相とか・・森元首相とか・・森元首相とか・・しつこいですね(笑)
政策に関しては指示しているバックがいるということで。

だが、私が言いたいのは体調です。

総理の病気は「潰瘍性大腸炎」。
治療に使うのは副腎ホルモンステロイドで、症状にあわせてその薬の増減がはかられる。
とても難しいサジ加減が必要な薬物治療。
病気の根治は無理なので、対症療法になる。
場合によっては腸の部分切除術も必要となる。

今政権も、かなりのストレスなはず。
でも体調は維持している。
そうです、副腎ホルモンステロイドを大量投与しているのです。
なので顔も痩せないのではなくて、副作用の満月様顔貌(ムーンフェイス)によるものと
食欲増進による体重増加で、ふっくらしているのだろう。

そして、もっと重要な副作用が精神症状。
中には鬱っぽくなる人もいるが、多く見てきた患者さんの中にもよくみられるのが
気分の高揚と多幸感。
そう、気が大きくなってしまうのだ。

だから安倍さん自身、総理でなくてもヤジを飛ばすような人では今までの政治をみていても
なかったのに、でたー!ヤジー!暴言!
これはかなり気分が高揚しているな。負ける気がしないっていうところでしょうか。

イスラム国の拉致の時には選挙とも重なったためかなりのストレスで
ステロイドを増量したと聞いている。

そして昨年末までの担当医師が「潰瘍性大腸炎」の権威の医師だったのに、
今年から「大腸がん」の専門医に変わっている。

潰瘍性大腸炎は大腸がんになりやすいのだ。

ということは・・ふむふむ。(わかりますよね)

(上記は私が職務中に知りえたことでも、医療関係仲間から聞いた話ではなく
ネットで当時から仕入れていたことで、強いて言えば情報源は政府関係者がぺらったことです)
※ぺらる=ペロッとしゃべってしまったこと

上手く、しつこくググればたどり着きますよ。ただかなり時間は経っている情報です。

安保理だっておかしいし、8月の戦後70年談話も正直、何を話しちゃうんだろうと
心配しています。

でも野党もしっかりしてないから、日本は一体どうなっちゃうのか心配です。
私たち国民の声なんて聴かずに独断政治ですから・・



スポンサーズ リンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。