So-net無料ブログ作成

認知症 誤診を防ぐ [医療]

認知症と思ったら・・

認知症の高齢者が急増するなか、実際には認知症でないのに認知症と診断されていた人が去年1年間に全国で少なくとも3500人余りに上ることが、NHKが専門医を対象に行ったアンケート調査で初めて明らかになりました。
中には認知症の治療薬を服用し、深刻な副作用が出ていたケースがあることも分かり、厚生労働省は「こうした実態があるとすれば問題で診断が適切に行われるよう対策を急ぎたい」と話しています。
認知症の高齢者は全国で462万人と推計され、10年後には最大で、高齢者の5人に1人に当たる730万人に増加するとされています。

NHKは、ことし6月、認知症の診断や治療について、日本認知症学会と日本老年精神医学会に所属する認知症の専門医、1634人を対象にアンケート調査を行い、全体の32%に当たる531人から回答を得ました。

この中で、「ほかの施設で認知症とされた患者を診断した結果認知症ではなかったケースがある」と答えた専門医は426人で、回答者の80%でした。

1人で複数の人を診ているケースが多く、認知症ではないのに認知症と診断されていた人は去年1年間に全国で少なくとも3500人余りに上ることが明らかになりました。

専門医が改めて診断を行った結果正しい病名などで最も多かったのは「うつ病」が26%、次いで手術の痕などに意識が混乱する「せん妄」が23%、持病の薬の副作用でもの忘れなど認知症のような症状が出ていたケースが14%、中には、正常と判断された人もいました。

NHKニュースより










代表的な認知症をあげてみると・・

【レビー小体型認知症】

・特殊なたんぱく質によって神経伝達が障害されるために起こる。
レビー小体とは、神経細胞に出来る特殊なたんぱく質。レビー小体型認知症では、レビー小体が脳の大脳皮質(人がものを考える時の中枢的な役割を持っている場所)や、脳幹(呼吸や血液の循環に携わる人が生きる上で重要な場所)にたくさん集まる。レビー小体がたくさん集まっている場所では、神経細胞が壊れて減少している為、神経を上手く伝えられなくなり、認知症の症状が起こる。

・症状が出るかなり前から脳の異変は起きている。
アルツハイマー型では最近の出来事を忘れてしまうという症状が見られるが、これは記憶を司っている、海馬と呼ばれる部分に病変が起こる為に、記憶が出来なくなる。ただ、記憶の部分が侵される事で記憶出来ないとわかるが、実は記憶障害が出る何年も前から、脳の異変は起きているとされている。

レビー小体型の症状の特徴

・初期の段階で物忘れより幻視が見られる。
・パーキンソン病のような症状が出る。
・頭がはっきりしている時と、そうでない時があり、それを繰り返しながら進行する。
・うつ症状が出たり、レム睡眠行動障害もみられる。


【アルツハイマー型認知症】

認知症の半分以上を占め、女性に多い認知症。
アルツハイマー型認知症は、認知症の中で一番多いとされており、男性よりも女性に多く見られる。また脳血管性の認知症などの患者数が横ばいであるのに対して、どんどん増加の傾向があるとの報告がある。

・特殊なたんぱく質によって神経細胞が壊れていく。
アルツハイマー型認知症は、脳にアミロイドβやタウと呼ばれる特殊なたんぱく質が溜まり、神経細胞が壊れて死んでしまい減っていく為に、神経を伝える事が出来なくなると考えられている。また神経細胞が死んでしまう事で、脳も委縮していき身体の機能も徐々に失われていく。

・症状が出るかなり前から脳の異変は起きている。
アルツハイマー型では最近の出来事を忘れてしまうという症状が見られるが、これは記憶を司っている、海馬と呼ばれる部分に病変が起こる為に、記憶が出来なくなるもの。ただ、記憶の部分が侵される事で記憶出来ないとわかるが、実は記憶障害が出る何年も前から、脳の異変は起きているとされている。

アルツハイマー型認知症の症状の特徴

・記憶障害が起きます
・判断能力が低下します。
・失認、失行など見当識障害が起きます。
・様々な周辺症状が起きます
(大事な物が無くなった、盗られたの「物盗られ妄想」、外へ出てウロウロする「徘徊」、お風呂に入らないなどの「介護拒否」など)


【脳血管性認知症】

患者の多い認知症で、脳の血管障害により起こる。
脳血管性認知症は、アルツハイマー型認知症に次いで、患者が多いとされている認知症。
脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの、脳の血管の病気によって、
脳の血管が詰まったり出血したりし、脳の細胞に酸素が送られなくなるため、
神経細胞が死んでしまい認知症が起こります。

男性の発症が多く、一進一退を繰り返しながら進行します

男性の方が女性よりも多く発症している認知症です。アルツハイマー型が徐々に進行するのに対して、よくなったり悪くなったりを繰り返し進行します。多発性脳梗塞などで、小さな脳梗塞が何度も起きている場合、脳梗塞が起きる度に症状が悪化していきます。また障害を起こした脳の場所によって、起きる症状が変わってきます。

脳血管性認知症の症状の特徴

・まだら認知症になりやすい
(1日の中でも同じことが出きたり、できなかったり、ぼーとしてたかと思うと普通に戻る)

・感情失禁が起こりやすくなります
(感情がコントロール出来なくなるため、すぐに泣いたり怒ったりすること)

・脳血管障害によって起こる様々な症状があります
( 脳血管性認知症の人は、脳梗塞などが再発する事も多く、急に症状が悪化する場合があるので、注意が必要)



スポンサーズ リンク






他にも種類があるが、この3つだけでもこれだけの違いがあるのがわかると思います。

それに、本人の生活歴や今までかかった病気や、飲んでいる薬などを全部ひっくるめて診断が
必要なのに、昔からよく知ってるかかりつけ医でもない医師が、たった1回の短い診察だけで
診断を確定するのはおかしいし、出来るはずがありません。

やっとのことで病院に連れていった家族は、自分の親の変化を認めたくない気持ちや、
すでに、精神症状に振り回され、疲れ切っている場合もあり、家族も冷静に判断できない状態
であることが多いのです。
ましてや、同居でない場合は普段の状態を正確に医師に告げることすらできていません。

精神科にかかることがオープンになり、心療内科と看板をあげる医師が多くなりました。
なぜなら、設備投資もいらず、ストレス社会でかかる人が多く儲かるからです。
医者なら○○科の看板の○○の部分は、なにを掲げてもいいんです。

なので診断は
1、3種類ほどの品物を見せる
2、脳のMRIをとる
3、先ほど見せた品物の名前を言わせる

脳が萎縮し、品物の名前を言えなかったら認知症。
たったこれだけの検査で認知症として診断されアリセプトの服用 。
アリセプトの副作用として興奮、粗暴、暴言などの発現により 認知症が進行していると誤診。
それら副作用を抑える為にまた違う薬の服用が始まり、さらに本来の人格が失われていく。

これが今、現在の認知症医療の現状です。

まずは、今、何か病気はないか?
今飲んでいる薬の副作用ではないか?
から疑うべきです。

睡眠導入剤1種だけでも、日中ボーっとしたり、判断能力は若い人でも鈍ります。

これは病気の診断を受けると安心し、薬を飲むことに抵抗のない日本人の悪いところ。
診察して、生活改善とかちゃんと指導しても、薬を出さないと怒るからね、患者さんは・・

医者と患者の間にいるからこそ見えることがたくさんあります。



スポンサーズ リンク











手足口病 警報レベル 35都府県で [医療]

手足口病 警報レベル 35都府県で


手足や口の中に水疱すいほうが出る手足口病の流行が続いている。国立感染症研究所(東京)が27日に発表した集計では、7月19日現在、全国で35都府県が警報レベルに達しており、大流行した2011年や13年並みの勢いだ。

感染研は「今年は重症化しにくいタイプのウイルス感染例が多いが、予防に努めて」と呼びかけている。



スポンサーズ リンク







全国約3000の医療機関からの患者報告数を集計した調査で、第29週(7月13~19日)の1医療機関あたりの患者数が全国平均で10・16人と前週(7・39人)に比べて1・4倍に増えた。35都府県で警報レベルとされる5人を超えている。

都道府県別では、福井(23・32人)が最多で、埼玉(20・53人)、栃木(17・88人)、京都(17・81人)と続く。奈良(16・35人)や大阪(12・69人)も全国平均を上回る。福井県の報告数は過去10年で最多だ。

感染研によると、これまでに検出されたウイルスの半数超は、重症化しにくい型だという。

患者の多くは5歳以下の小児で、飛まつや排せつ物などを通じて感染が広がる。厚生労働省は手洗いの徹底などの対策を呼びかけている。引用:読売新聞



スポンサーズ リンク






手足口病は手や足、口の中に発疹が出来る。
しかし今はこの酷暑であり、「あせも」と間違える場合も多い。
手足口病だからと言って、必ずしも手足に発疹が出るとも限らない。

まず、手のひらや足の裏にも発疹が出たら、手足口病と考えてもいい。
なぜなら、「あせも」は手のひらや足の裏には出ないからだ。

一番辛いのが口の中の発疹である。
口内炎が1つ出来たのとは訳が違い、口腔内に沢山の発疹が出来るので
食事するにも普通にしていても口の中が痛く、食事もしみる。

食事はしみて食べられないのを避けるために、辛い物や刺激物を避ける。
食欲もなく、少ししか食べられないときは、その少しで栄養が摂れるようにするといい。
例えば、五目チャーハンなど、いろいろな食材が少量でも取れることがベストである。
あとは、ぬるま湯でいいのでよく口をゆすぎ、口腔内の清潔を保つ。
口の中のぶつぶつの痛みで水分の摂取が不足することがあるので、
脱水症状に気を付けつけ、小まめに水分補給が必要です。

まれに髄膜炎や脳炎など合併症を起こすことがあり、
元気がないなど様子がおかしければすぐに医療機関へ。

手足口病が治っても、なった人の便からは1か月はウイルスが排出される。
なので治ってもトイレ後の手洗いは十分に行う。

手足口病は子供だけでなく、大人もかかる。
もう、辛くて寝込むほど、大人がかかると
子供以上に症状が重いので大人も十分注意が必要です。

また、ヘルパンギーナも流行っている。
手足口病と同じエンテロウイルス系の感染症で、5歳以下の乳幼児に多くみられる。
熱は出たり、出なかったりする。
他にもプール熱やリンゴ病も流行っている。

冬に限らず、夏もウイルスに感染しないようにうがい、手洗いは十分に。



スポンサーズ リンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。